メニュー

HT-35 | 株式会社ツルヤ工場,溶接棒,被覆アーク溶接棒,ガス溶接棒

株式会社ツルヤ工場

お問い合わせ

TEL 0488-861-2451

株式会社ツルヤ工場

 

お問い合わせ

TEL 0488-861-2451

HT-35

規格 : JIS 3251-1991 DFMA-B

 

HT-35は、高炭素マンガン鋼で、オーステナイト組織の溶着金属は優れた靱性を持ち、また加工硬化性も大きく、高衝撃を受ける部分の耐摩耗用として適します。
その他13%Mn 鋳鋼品の巣埋めにも使用できます。


◎溶接上の注意
1. 長く高温に維持すると、靱性が著しく低下してワレの原因になります。
できるだけ低電流を使用し層間温度も低くして溶着金属が急冷されるよう配慮してください。
2. 13%Mn 鋼母材が硬化している場合は、硬化層を取り除いてから溶接してください。
3. 溶接にあたって棒を150~200℃で約 1時間再乾燥してください。

化学成分 [%]

C 1.10以下
Si 0.8以下
Mn 11.0-18.0
P 0.03以下
S 0.03以下
Ni 3.0以下
Cr 4.0以下
Mo 2.5以下
Fe Rem.
Others 1.0以下

物理的特性 (As welded)

As Welded 200-250 Hv

製造寸法並びに適正電流

3.2mm x 350mmL AC, DC(+) 90-130 amp.
4.0mm x 400mmL AC, DC(+) 140-180 amp.
5.0mm x 400mmL AC, DC(+) 190-240 amp.
6.0mm x 400mmL AC, DC(+) 220-300 amp.

用途

大きな衝撃力の加わる部分の肉盛溶接。
ショベル、ディッパーティース、クラッシャー、ハンマーミル、レールのクロッシングなど。