メニュー

HT-250 | 株式会社ツルヤ工場,溶接棒,被覆アーク溶接棒,ガス溶接棒

株式会社ツルヤ工場

お問い合わせ

TEL 0488-861-2451

株式会社ツルヤ工場

 

お問い合わせ

TEL 0488-861-2451

HT-250

規格 : JIS 3251-1991 DF2A-B

 

HT-250は、機械加工ができる範囲で適当なカタサをもつように考慮された硬化肉盛用溶接棒で、車軸、歯車など軽い金属相互間摩耗部の再生に適します。
また、機械加工成形後、焼入れもできます。

◎溶接上の注意点
1. 特に予熱は必要としませんが、高炭素鋼、低合金鋼に肉盛する時は、150℃程度の予熱をしてください。
2. ビードのスタート部にピットを生じることがありますから、あともどり法を用いてこれを防いでください。
3. 使用前に棒を 300~350℃で約 1時間再乾燥してください。

化学成分 [%]

C 0.30以下
Si 1.5以下
Mn 3.0以下
P 0.03以下
S 0.03以下
Cr 3.0以下
Mo 1.5以下
Fe Rem.
Others 1.0以下

硬度

As Welded 250-300 Hv
Oil Quenched from 900℃ 350-450 Hv
Annealed at 650℃ 200-260 Hv
Slow Cooled From 900℃ 180-230 Hv

溶接姿勢

F V H OH

製造寸法並びに適正電流

3.2mm x 350mmL AC, DC(+) 80-120 amp.
4.0mm x 400mmL AC, DC(+) 110-170 amp.
5.0mm x 400mmL AC, DC(+) 190-240 amp.
6.0mm x 400mmL AC, DC(+) 220-300 amp.

用途

シャフト、ローラー、レール溶接部の表面、クレーンホイル、タイヤ、ギア、ミキサーブレイド、ブルドーザーの起動輪、誘導輪および転輪の肉盛。